インプラント治療担当歯科医師の紹介 < TOP

インプラント担当医

院長・センター長:沼澤 成文(Numasawa Shigefumi)

・1998年 東京歯科大学歯学部卒業

・2003年 東京歯科大学大学院歯学研究科卒業 歯学博士号取得

・2003年 医療法人社団博山会 沼澤歯科医院勤務

・2004年 東京歯科大学クラウンブリッジ補綴学講座非常勤講師(2004年~現在)

・2005年 藤本研修会補綴咬合コース Part.1修了

・2006年 船越歯周病学研修会ベーシックコース修了

・2008年 船越歯周病学研修会マスターコース修了

・2010年 船越歯周病学研修会インプラントアドバンス修了

・日本補綴歯科学会

・日本臨床歯周病学会

・アメリカ歯周病学会

・ITIメンバー

・ストローマンガイド プランニングアカデミー講師

沼澤歯科Northインプラントセンター西東京の特徴を教えてください

インプラント治療は口腔機能を回復するために咬合の再生を行う治療です。

院長の私自身、大学病院在籍中はクラウンブリッジ補綴学を専攻し、被せ物や義歯(差し歯)を使って口腔の機能改善を図る治療を中心に学んできたことが、インプラント治療を行う上でも大きなアドバンテージになっていると考えています。

上記のことから私たちのクリニックの一番の特徴は、長期に渡り機能できるインプラント治療設計・補綴物を低侵襲で提供ができ、また地域トップクラスの機材設備、治療実績、健康的な咬み合わせに対する知識・経験にあると思っています。

そのため『患者さんの健康的な咬み合わせや、健康的な見た目になった状態をまず頭の中にイメージするのです。』

そして治療を成功させるためにインプラント治療はもちろんのこと、歯周病治療、歯の根(根管)の治療など、総合的に健康な口腔が保てるよう全力を尽くしております。

また、私たちの博山会グループを紹介しますと、昭和50年に小金井にオープンした沼澤歯科医院は、昭和54年に田無に移転し現在に至ります。

当院は多摩地区に4つの系列医院を展開する医療法人博山会の本院でもあり、地元での長年の実績から患者様からの信頼度は高く、これからもその信頼に応えられるよう研鑽してまいります。

以上のように安全・確実な先端医療の提供、最新設備導入などにおいても、最高のレベルのものを提供でき、常に技術の研鑚を積んでいると言うのが当院の特徴です。

患者さまへ

インプラント治療を実施するには、高度なレベルの経験・知識が必要です。

また当院は、歯科大学研修施設、歯科衛生士専門学校の研修施設に認定されており、歯科医療に対する熱い思いを後進に伝える役目も担っていることから、総勢20名程のスタッフによるチーム医療実践医院です。

全ての患者様の口腔内の状況、情報の共有をし、カンファレンスをドクター全員で行い、それぞれの知識を総動員して、個々の患者様にとって最適なインプラント治療を提供しています。

あなたに合った最良の治療法で、お口の健康をサポートいたしますので、お気軽にお越しになってください。