抜歯即時インプラントについて < TOP

抜歯即時インプラントとは

問題の改善ができなく抜歯を選択するしか方法がなくなった歯を、抜歯と同時に咬合機能を回復するためにインプラントを埋入する方法が抜歯即時インプラントです。

従来のインプラント治療では、歯を抜歯してからインプラントを埋入するまでには、3~6ヶ月間インプラントを埋入するのに十分な骨ができるまで待つ期間がありました。

通常、インプラントを埋入してから最終的な上部構造(差し歯)が装着できるまでには、3か月程かかることが多いため、インプラント治療は比較的長い期間を要する治療となります。

しかし、インプラント本体(フィクスチャー)の技術進歩やインプラント治療術式の進歩により、抜歯した直後でもインプラントを正確に埋入することができ、安定した治療を行うことが可能になってきました。

抜歯する治療とインプラント埋入する治療とを同時に行えることで、外科的処置の回数も減り、侵襲も少なく、治療期間も大幅に短縮できるため非常にメリットが大きい治療法と言えます。

ただし、全ての症例にこの抜歯即時インプラントが適応できるわけではありません。ですが、適応できる範囲も広くなっており、条件が良い場合には、インプラントを埋入した直後に仮歯を装着できるケースもあります。

なお、抜歯即時インプラントを行う場合、状態によっては同時にGBRを行うことがあります。担当する歯科医師が予めお伝えいたしますので、ご安心して治療をお受けいただけます。

抜歯即時インプラントのメリット

歯ぐきを切開せずにできる
歯があった穴の後にインプラントを埋入するため歯肉を切開せずに治療可能。
治療期間が短くできる
歯を抜いた直後にインプラント埋入するため、外科的処置回数も減り、治療期間も短縮できます。
痛みや腫れが少なくできる
歯ぐきを切開せずに行うので余計な腫れが少なく、抜歯時の痛みと腫れ具合のみで済みます。